さいきんのGoogle Analyticsでのサブドメインをまとめたアクセス解析設定

老害な丁稚さんです。

アクセス解析といえば(特段の事情や頭の固い企業現場でなければ)Google Analytics。誰だぁ! Site Catalystとか言ってんのは! このサイトもGoogle Analyticsを使っています。

ただ、Analyticsはわりと頻繁に仕様が変わるんですよね…。いま一般に使われているのは Universal Analytics と呼ばれるやつ。その前は 非同期Google Analytics、さらにその前は…。丁稚さんは Universal Analytics になってからはあまり本格的に触ってないので、また設定しなおしです。

サブドメインにわかれているサイトをまとめて計測したい

さて、Analyticsでわりとよく出てくる難題が、

サブドメインにわかれているサイトをまとめて計測したいときどうする?

です。

どういうことかというと、

  • www.hogehoge.jp
  • hoge.hogehoge.jp

のようにサブドメイン単位でわかれているサイトを、ひとつのレポートでまとめて見たいってことです。

Universal Analytics でどうすればいいか、改めて調べ直してみました。
ぶっちゃけ、

[johnson title=”ポイント”] サイトに設置するGoogle Analyticsのタグ
: 変更しなくていいらしい(!)

Google Analyticsレポート設定画面
: 記録するパスの先頭にホスト名をつける
[/johnson]

ということらしいです。

Analyticsのタグはどう設置する?

ふつう、Universal Analyticsのタグは、

こんな感じになります。

いにしえの「非同期コード」だとここに「hogehoge.jpドメイン用としてデータ送信してね」という設定をしなきゃいけなかったのですが、Universal Analyticsでは 特に設定はしなくていい そうです。↑7行目の 'auto' が「よしなにはからいます」という意味だとのこと。

とにかく、どんなサブドメインのサイトにタグを設置しようが、おなじ内容でいいってことですね。こりゃラクだ。

レポート設定画面での設定

ただ、このままだといろんなサブドメインのログが、

www.hogehoge.jp「/index.html にアクセスがありました!」
hoge.hogehoge.jp「/index.html にアクセスがありました!」

と送られてきます。Google Analyticsクンは、デフォルトではそれを愚直にも、

「ああ。/index.html ね。了解。きょうは2件か…」

などと記録してしまうのでラチがあきません。

そこで、Google Analyticsのレポート設定画面で、

記録するときは「/ホスト名/index.html」みたいにしてねー

とお願いをするわけです。

具体的には「フィルタを追加して記録する内容を書き換える」ということをします。

設定には…。
まず、Google Analyticsで計測をおこないたいサイトの↓のような設定画面に行きます。
「ビュー」ペインの「フィルタ」をクリック♥クリック♥してください。

「フィルタを追加」というボタンをクリック。

「ビューにフィルタを追加」という画面になりますね。ここで新しいフィルタを追加します。
むかしのAnalyticsで同様の設定をやった人はだいたいおなじ手順です。

設定内容は以下のように…。

「フィルタ名」
適当でおk
「フィルタの種類」
「カスタム」を選択し、ラジオボタン「詳細」を選択
「フィールドA->引用A」
プルダウンは「ホスト名」を選択、フィールドには「(.*)」を入力
「フィールドB->引用B」
プルダウンは「リクエストURI」を選択、フィールドには「(.*)」を入力
「出力先->構成」
プルダウンは「リクエストURI」を選択、フィールドには「/$A1$B1」を入力

最後に「保存」を押してフィルタを適用します。

こんな感じで希望どおり行く…

…行くんじゃ…

行くんじゃないかな。

というのは、まだ設定してからAnalyticsの画面に反映されるまで待っていないから。

ちゃんと反映されていたらここに報告しておきます。報告がない場合は信用しないでください ^^;