ぜい肉をそぎ落としたWordPressテーマ「skel」を作っているのです

ケータイでブログ更新すると指が太くて困る丁稚さんですよ。

さて。前にTwitterでもつぶやきましたが、WordPressのテーマをこつこつ作っています。このサイトで利用しているもので、GitHub にも公開しています。その名も skel

skel は「がいこつのようにシンプルであまりゴテゴテしていない」をコンセプトに作りはじめました。

WordPress は生態系が確立されていてテーマが豊富ですけれど、力作ほどこんな欠点があります。

  • すでに装飾されまくっていて修正しづらい
  • 要らない機能を消すのが大変
  • CSSリセットの影響でCMSとして使いづらい
  • PHP, JavaScriptでグローバル汚染が起きている
  • CSSフレームワークとaltCSSを採用しており、修正にほかのツール連携が必要

ということで、今回はいろんなしがらみをばっさり断ち切ってゼロから作ってみました。

基本的な機能

  • レスポンシブ
    • 基本2カラム。サイドバーを左右どちらに置くか指定可能
  • テーマカスタマイザ
    • ヘッダー画像の変更
  • スクロールしてもついてくるパーツ
    • グローバルメニュー
    • 「ページの最初へ」戻るボタン
  • サイドバー(ウィジェットを置く領域)対応
    • 横幅いっぱいのヘッダ
    • 本文脇
    • 横幅いっぱいのフッタ
    • ヘッダ(左・中央・右)
    • フッタ(左・中央・右)
  • メニュー対応
    • サイトグローバルメニュー – 最上位統一メニュー
    • サイトグローバルメニュー(脇) – 最上位統一メニューの右寄せ要素
    • サイトグローバルメニュー(ドロップダウン)- メニューからのドロップダウン要素
  • Windows/OS X/Android/iPhone, Edge/Chrome/Safari でアンチエイリアスフォント表示されるよう設定

テーマ自身が提供するもの

  • SNSシェアボタン
    • Twitter, Facebook, はてなブックマーク, Google+, LINE
  • Googleサーチコンソール対応
  • Google Analytics対応
  • Google タグマネージャ対応
  • Canonical(標準のまま)
  • Twitterカード
  • Facebook OGP
  • ウィジェット
    • プロフィール
    • サイト内検索
    • タグ
  • ページャ
    • トップページ、各カテゴリ・アーカイブページ、検索結果ページ
  • アイコンフォント
    • FontAwesome
    • Google Material Icon
  • ウィジェット開発簡便化のための基礎クラス
  • 国際化対応
    • したがってテーマファイル中には一切日本語は入っていません
    • テキストドメイン skel を使用しています

と、こんな感じで。あとは推奨・同梱プラグインで機能を実現してね! というポリシーになっています。

もうちょっとマシになったら公式リポジトリのほうにも投下するかもしれません。気がついたことなどありましたらTwitterでお寄せくださいな。

ではではー。