日別:2017/06

リトルプーリップをオビツ11ボディに組み合わせられたよ! 不器用人間でも

更新頻度がきわめて低いミラドール丁稚さんブログです。

Twitterで連投しましたが、発作的に購入してしまったセカンドハンドの「リトルプーリップ」っ子をオビツ11ボディに組み合わせて魂を吹き込んだので、まとめておきますね。

この子だったんですが。池袋の某店で800円で眠っていたんですよ。もともとは「リトルプーリップ ウイッチ」。

リトルプーリップはかわいいのですが、ボディの可動部分が少ないです。でもヘッドはオビツ11ボディにちょうどいいサイズ。すこしだけがんばればミクシングビルドできます。今回は不器用な丁稚さんひとりでやってみました。

まずは必要なものちぇーっく。

いちばんだいじなボディは「オビツ11ボディホワイティ磁石つき」。現在市中在庫がなく、Amazonでは1.8万円まで暴騰しています。6月中旬からふたたび出回るという噂なのでそれまで待ちましょう。

あとは、

  • 細いプラスドライバー
  • スパチュラ
    模型細工用のへらです
  • デザインナイフみたいなもの

スパチュラはミラドールなら店主にねだると出てきます。なければ細くてじょうぶだけどドールを削らない金属へらでいいと思います。

手順をまとめると以下のようになります:

  1. リトルプーリップに服などを脱いでもらう
  2. 髪の毛をキワから上方に剥いでいく
  3. 後頭部のねじをはずして頭を開ける
  4. ヘッドの頸部をけずり、オビツ11の首がハマるようにする
  5. 首をハメて、ねじを締め、服装を整えて完成

いちばんたいへんなのは2.です。慣れないと1時間くらいかかります。

髪の毛を剥ぐ前のようす。うまく剥げれば髪の毛はウイッグに再利用できるので、がんばりましょう。

で、リトルプーリップの髪の毛はうなじからおでこ生え際をぐるりと周回する感じで接着してあります。ここを、間違ってもお顔に傷つけないようにえぐっていく! えぐるべし!

うまくいけば完成形がこんな感じになります。

とちゅうで失敗すると手を切ります…。切った。

とりあえずうまく剥げたら一服…。

で、ネックのカットとはめ込みをおこないます。
写真だと「オビツ11の首上部ワッシャーっぽいところ」を思いっきり上のほうにハマるようにしています。丁稚さんは首短めが好きなのでこうしていますが、きちんと固定できればあとはフィーリングでハメていいと思います。

で、最後に頭のうしろのねじをハメなおして完成!

きちんとお化粧直しするとこんなにかわいくなります! ウイッグは店主から強奪した。まったく反省していない。

リトルプーリップのオビツ11化のメリットとしては、ほかにも、

  • 古い子だと衣装の色移りが発生してどうしようもない。新品同様になってうれしい
  • いろいろな1/12ドールの衣装を着せてあげられる
  • ウイッグも流用できる

というのがあると思います。

うちのヤイコも心なしかうれしそうです。

丁稚さんは肉体労働を受け付けない不治の病なのですが、それでもがんばればなんとかできる範囲でした。興味の出た方はやってみてください。

以上!