パラボックス「プチフェアリー」にヒートガンを使ってオビツ11ボディを接合してみた

表題のとおりのTwitter投稿再利用記事でございます…。

このあいだパラボックスさんで「プチフェアリー」ヘッド注文したのです。もちろんオビツ11ボディと組み合わせて使う用。

でもコレ、ボディの首根っこを穴に挿せばOK…というわけじゃないんですよね。というのは、パラボックスサイトから引用する下記の図のとおり。首にある凸部の下まで突っ込むのがオススメになってるからなんです。

そして、この凸部、プチフェアリーの首の穴より太いのでふつうにやっても入りません。

そこでヒートガンで首穴を加熱しゆるめてから首根っこを差し込むという方法を使うことが推奨されています。

今回はたまたまはじめてやることになって、おまけにヒートガンも(ものもちのいい彼女にはめずらしく)店主がもってなかったので、ヒートガンを入手しがてら記録に残してみました。

という感じで、不器用な丁稚さんでも意外とすんなりできました!

ちなみに店主によるとパラボックスのサイトにここまでの手順をていねいに説明した動画が掲載されているそうなのですが…いま探しても再発見できませんでした…。

あとの課題は…2,060円と激安だったとはいえ、このヒートガンを今後なにに使うかですね。スカルピーでもやろうか。

丁稚さんのブログを改修したのだ…

ぜんぜん更新してない丁稚さんブログです。
雑記。

見た目ぜんぜん変わらないんですが、このブログをちょっと改修してました。

すぐわかるとおりここはWordPressでできているのですが、
なぜか重い
という問題点があって…。

サーバ構成的に、もともと

みたいに仮想化ネストしまくりのワケワカメ状態になっていました。ホントはさらに汚いです。

特定のWordPressプラグインを利用するとNginxがタイムアウトするまでPHPがストールしてしまうに至って、業を煮やしてまじめに原因を調査しはじめました。

…しかしまったく理由わからず。
しかもクライアントマシンで適当に docker-compose した WordPress では、そのプラグインは快適快調に動くのです。
(ホントはもうちょっとまじめにプロファイル見てるし、DBのヘルスチェックとかぜんぶやってます…)

もう疲れた…そこで。

というのは、RedHat系のディストリビューション(Atomicは知らない)はけっこうDockerの動作が buggy なのです。
一部のFSドライバがおかしくて永続化するとファイル消せなくなるとかイロイロ…。
ということで自分に都合悪いことはぜんぶCentOSのせいにして、PHP-FPM周りのコンテナ環境を作り直すことにしました。

こんな感じです。

  • Alpine Linux でDockerホスト専用環境をつくった
  • コンテナもAlpine Linux+PHP7ベースで新たにつくりなおし
  • WordPressだけそっちのコンテナに移した

ということですね。

結果:

  • Docker周りがまっさらできれいになった
  • WordPressのコンテナがおよそ2倍の速さになった
    • といってもコレはほとんどPHP7+apcuに移行した効果ですが
  • いままでストールしていたプラグインが正常に動作するようになった

docker-compose 周りでまたナゾの秘伝タレスクリプト作ったりして、いろいろ苦労はさせられましたが、とりあえずマンゾク。

ちなみに悪かったところ:

  • 以下のWordPressプラグインは正常に動かなくなった
    • db-cache-reloaded-fix
    • 原因は調べてないですがPHP7では2017/12/06時点バージョンは動きません
    • ewww-image-optimizer
    • session_write_close がないとか言われる。そんなアホな。たぶんPHP7がらみ
  • function ( $var ) use ( $var ) {...} とかやってるコードは動かない
    • PHP7ではこの書き方は不可

めんどくさかったところ:

  • Alpine LinuxはHyper-Vとの相性に問題が残ってる
    • ntpd に chronied かなにかを選ぶと初回ブートできない
    • busybox ntpd を選ぶとよい

ということで。
単なる雑記でしたが。

これで本来の作業が進むかな?

「しもぶくれ人形」事情~ゲーセンからセリア、キャンドゥにもある謎のドール

Twitter産廃活用ブログ執筆のお時間がやってまいりました。
丁稚さんです。

Twitterで前からさかんにツイートしていますが、世の中に人知れず流通している 激安しもぶくれ人形 というものがあります。

具体的に言ってしまうと、うちの「クムジャさん」。写真右側の子です。

この子、実はサイズ・品質・流通経路によってバリエーションがたくさんあります。
それぞれ同一のブランドですらありません。

当初はゲームセンターのクレーンゲーム賞品だったようですが、現在は各種百円ショップ・雑貨小売店でも見かけます。先日は百均の「キャンドゥ」にも登場しました。

丁稚さんが把握しているバリエーションは以下のとおりです(登場順?):

  • リエット「ジョリードール」
  • セリア「ブリリアントドールミニョン」
  • キャンドゥ「ブリリアントドールカリーナ」
  • 不明経路「キューティドール」

謎なのは、

  • どこの会社も「自社企画・金型で製造した」と言明していない。オリジナル不明
  • でも顔の造作はまったく同じ
  • ただし微妙にサイズや植毛パターンなどが異なる

ということ。

めんどくさいので丁稚さんは「しもぶくれ人形」と呼んでいます。
でもかわいい…たぶん、丁稚さんのところでいちばん稼働率が高い子です。

しもぶくれ人形の魅力を挙げると、

  • 安い!
    税込108円からです
  • 意外とかわいい!
    なにも考えてなさそうで考えてそうなアルカイックスマイル
  • かんたんにボディをオビツ11へ換装できる
    セリア版はヘッドをスポッと抜いてキュポッと挿すだけです
  • ヘッドが軽い!
    セリア版。軽いので難度の高いポージングもさらっとこなします。これがイイ!

というところですねえ。

スポッキュポッしただけの図↓

ポージング自在↓

ただ、ボディと衣装は申し訳程度についているものなので、そこは期待しないでください。
具体例↓

とはいえ、最悪ヘッドだけでも…と割り切ると、

  • ボディ換装
  • アイペイント
    目にレジン液を塗る、またはいちど消して塗り直す
  • お顔の化粧
  • ウィッグ化
    すべての髪の毛を抜いて、適当なウィッグを着用させる
  • 植毛
    すべての髪の毛を抜いて、タグガンで…

とカスタムしがいがあるのも楽しいところです。

ということで、みなさんにもしもぶくれ人形の魅力が伝わりましたら、ぜひぜひゲットして遊んでやってみてください。

こんなパッケージでミラドールの作品は届くよ!大解剖

丁稚さんです。こんにちは~。
ただいまミラドールでは、戦士などの衣装を絶賛(希望)通信頒布中デス。
ご興味をもっていただけましたら、ぜひ↓のページにてごらんください。

さて、発送作業をしていて思い出しました。

「このブログ、ミラドールがどんなふうに”ディーラー活動しているか”を発信するために作ったんだった!!」

…ぜんぜんそんな記事書いた覚えがない。

ということで、今回は
ミラドールの作品のパッケージ=袋のこだわりについてご紹介します。

どんなパッケージなの?

写真に撮るとこんな感じです。

ということでした。
では、また来週~!

…で終わるわけにもいかないですね。

見れば「なーんだ」というものなんですが、ここに至るまでにはさまざまな苦難の歴史がありました…。

その歴史を乗り越えて
「パッケージに必要なのはこの要素だ!」
と気が付いたポイントが以下のとおりです。

[johnson title=”ミラドールパッケージのポイント”] かたちが統一されている
: ミラドールの過去一年の衣装パッケージはすべてこの形式です

袋がジップロック形式+マチつき
: 袋のクチは開け閉めできます

統一ラベルシールが貼ってある
: オーナーさんが衣装を検討するのに必要な情報が記載されています

「作品のしおり」つき
: 同梱物・着せ替えのしかたなどを説明するしおりが入っています
[/johnson]

以下、それぞれのポイントについて丁稚さんたちなりの思い入れをご説明していきます。
なお、もちろん「このパッケージが正しい! ほかのやりかたはダメ!」という意味ではないのでご注意くださいね。

かたちが統一されている件について

ミラドールでも、かつては衣装をつくるたびに

「ポリ袋の中にスチロール台紙を入れて使おう!」とか
「プリンケースに入れよう」とか

試行錯誤していました。

この場合、問題になるのが

  • 衣装ができあがるまでパッケージ資材を調達できない(→徹夜につながる)
  • いちいちかたちが変わるので持ち運びに不便
  • 売れ残りのパッケージが汚くなった時、お化粧直ししづらい

などです。

そこでかたちを統一することにしました。

現在は写真のように

  • PP袋
  • 台紙は専用に印刷した厚紙

となっています。

ジップロック形式+マチつき

衣装の袋や箱って、そのまま保存用に使えれば便利ですよねー。
でも、出し入れがしづらかったり耐久性が低いと
オーナーさんがご自分で整理方法を模索しなくてはいけなくなります。

そこで、ミラドールでは
上部がジップロック形式で開閉しやすい袋を採用しています。
衣装が出し入れしやすいのはもちろん、
小物をいっしょにしまっておいてもジップロックすれば安心です。

また、袋の下部にマチがあるので、
ある程度厚みのある衣装でも収納でき、
なおかつ自立させられます。

帽子くらいまでなら型崩れせずに収納できるので安心です。

あと、当然ながらこの袋はそれなりの防水性があります。
通信頒布で荷物が水を浴びてしまっても、衣装は無事で送り届けることができます。
とはいえ浸水した荷物は気分のいいものではないので、
ほんとにそういうことがあったらご連絡くださいね。

統一ラベルシールが貼ってある

袋にこだわっても、
中に入っている作品が「どんなものなのか」わからないと楽しくないですね。

ということで、ミラドールのパッケージにはすべて、

  • 作品名
  • 写真
  • 推奨ボディ
  • 説明文
  • WebサイトURL
  • 作品コード/JANコード(バーコード)

入りのシールが貼ってあります。

なんだかホンモノのお店っぽいですね!
「JANコード」はお店で使っているような正式なものではなく、
ミラドールのイベント専用なんですけどね。
※正確にはJANの「お店ごとに自由に使ってよい」とされる「インストアコード」です

バーコードを採用して「ピッピッ」でレジをしているのは、
 × 売れているから
ではなく(^^;
 〇 計算ミスしてお客さんに迷惑をかけたくないから
です。

…ホントは「かっこよさそうだから」というのが理由の4割です。

「作品のしおり」つき

これは丁稚さんが苦労してつくってる部分です。
提案するんじゃなかった…。

各作品の

  • イメージ
  • 解説
  • 内容物一覧
  • 着付け方法

をB6×4ページでまとめてあります(旧バージョンはB5片面4ツ折=B7×4ページです)。

台紙の隙間にはさんであるので、ぜひごらんください。

具体的な例はこんな感じ。



他ディーラーさんでは、ガレージキットに近い作品を除くと「しおり」をつけていらっしゃる方があまりいらっしゃらない気がします。

丁稚さんはまれにみる不器用なので、
いままで作品をお迎えしても着付けのしかたがわからず泣いたことが何度も…。
きっと、おなじレベルの不器用人間がいらっしゃるはず!
と思い立ち、このしおりをしつこく添付しています。

あと、お求めいただいた方にすこしでも気持ちが伝わればいいなぁ…
ということで、気の抜けたごあいさつ文も書いています。
ご笑覧いただければ幸いです。

いいことわるいこととこれから

この統一パッケージにしたメリットは、

  • ミラドールの中で作業分担がしやすくなった
  • 包装資材を余裕もって調達できるようになった
    いままで毎回シモジマに行ってましたからね…
  • 陳列・収納・発送の見積がしやすくなった

だと思います。

「ディーラー業たのしいけど、負担も多いわぁ…」
と感じていらっしゃる方は、こういうところで合理化してみるのもいいかもしれません。

もちろんデメリットもあって、

  • オリジナリティのあるパッケージにならない

という点は大きいでしょう。
ただ、思い入れのある作品だけは特別版のパッケージングで対応すればいいかな、と思っています。

まだまだ改善点もあります。

  • 受け取ったオーナーさんが収納しやすいかたちにしたい
    • ファイリングする方が増えているので、うまく対応できるようにしたいなあ
    • 本棚に挿して見映えするようにならないかな?
  • 小物を台紙に固定するいい方法がない
    • いまはマスキングテープを使っています

こういうこともありますので、ミラドールではさまざまなご意見・ご感想ウェルカムです!
ぜひぜひ、丁稚さんのTwitterアカウント→@miladoll_decchi までお寄せください。

宣伝

このようなパッケージに入った衣装をお迎えできる「戦士シリーズ」通信頒布。
ただいま絶賛開催中デス…。
↓以下のページからどうぞ❤

ダイソー「エリーちゃん人形」の靴下をオビツ11に転用したよ

ツイートをならべて「blog更新しますた!」メソッド絶賛運用中の丁稚さんだよ!

きょうは、先日連投した「エリーちゃん人形の靴下をオビツ11に転用する」情報だよ。たった108円でオビツ11用の靴下が手に入るんだ!

大の大人がコレだけ買うのははずかしいという人は、幼女のスリップストリームに入ってレジ待ち列に並ぶといいよ! ライフハックだね!

ツイート中訂正:
× レボ
〇 レポ

こんなこと言ってる↑けど、やっぱり見る人が見れば残念ながら縫製の甘さが目立つと思うよ。

ということで「コピペだけでblog更新をすますミッション」完了だよ! おつきあいありがとう!

マグショットを撮ろう!ご自宅のドールでいつでも!キット

ひさしぶりの更新ですよ、丁稚さんです。毎日更新しなさい。

Twitterには先にツイートしてありますが、↓こういう「マグショット」の写真を撮るための印刷データをつくりました。

アメリカでタイホされるとこんなふうに、背景に身長のめやすを入れ、なまえの入ったボードをもたされて写真を撮られるんですよ。マグショットって呼ぶんですけど。

でもこのために「ちょっとアメリカまで行ってきます!」っていうヒマはそうそうないじゃないですか。なので自宅で気楽に撮影できるようにしちゃったというわけです。1/12ドール向けです。

PDFになっているのでここからダウンロード・印刷してください。

SlideShare という海外のサイトにアップロードしてるので英語ページになりますが、左中ほどの「Download」ボタンをクリックすればOKです。

A4・カラー(白黒でもたいして変わりません)で印刷したら「Backsheet」(背景)をキリトリます。A5サイズピッタリにつくってあります。

A5サイズのプラスチックスタンドにはさむと、具合よく背景になります。

このプラスチックスタンドは手抜き撮影にべんりなので、ひとつあっても損しないんじゃないですかね。

「Card for suspects」(容疑者カード)とある部品は、手にもたせるためのものです。切り出してなまえを書いてドールの手に持たせればOK。

ただ、薄くて手にもたせづらいので、クリアホルダーで裏表を挟み込んで接着するといいです。

  • 硬さが出る
  • 表の記名欄が、ホワイトボードマーカーを使えば何回でも流用できる

という利点があります。

まあ、そこまで凝るようなもんじゃないんですが…気が向いたら使ってTwitterとかに写真を上げまくりましょう。

こちらのマグショットキットは「ドール郡警察制式版」ですので法執行機関以外の方はみだりにドールをタイーホされないようお願いします。

リトルプーリップをオビツ11ボディに組み合わせられたよ! 不器用人間でも

更新頻度がきわめて低いミラドール丁稚さんブログです。

Twitterで連投しましたが、発作的に購入してしまったセカンドハンドの「リトルプーリップ」っ子をオビツ11ボディに組み合わせて魂を吹き込んだので、まとめておきますね。

この子だったんですが。池袋の某店で800円で眠っていたんですよ。もともとは「リトルプーリップ ウイッチ」。

リトルプーリップはかわいいのですが、ボディの可動部分が少ないです。でもヘッドはオビツ11ボディにちょうどいいサイズ。すこしだけがんばればミクシングビルドできます。今回は不器用な丁稚さんひとりでやってみました。

まずは必要なものちぇーっく。

いちばんだいじなボディは「オビツ11ボディホワイティ磁石つき」。現在市中在庫がなく、Amazonでは1.8万円まで暴騰しています。6月中旬からふたたび出回るという噂なのでそれまで待ちましょう。

あとは、

  • 細いプラスドライバー
  • スパチュラ
    模型細工用のへらです
  • デザインナイフみたいなもの

スパチュラはミラドールなら店主にねだると出てきます。なければ細くてじょうぶだけどドールを削らない金属へらでいいと思います。

手順をまとめると以下のようになります:

  1. リトルプーリップに服などを脱いでもらう
  2. 髪の毛をキワから上方に剥いでいく
  3. 後頭部のねじをはずして頭を開ける
  4. ヘッドの頸部をけずり、オビツ11の首がハマるようにする
  5. 首をハメて、ねじを締め、服装を整えて完成

いちばんたいへんなのは2.です。慣れないと1時間くらいかかります。

髪の毛を剥ぐ前のようす。うまく剥げれば髪の毛はウイッグに再利用できるので、がんばりましょう。

で、リトルプーリップの髪の毛はうなじからおでこ生え際をぐるりと周回する感じで接着してあります。ここを、間違ってもお顔に傷つけないようにえぐっていく! えぐるべし!

うまくいけば完成形がこんな感じになります。

とちゅうで失敗すると手を切ります…。切った。

とりあえずうまく剥げたら一服…。

で、ネックのカットとはめ込みをおこないます。
写真だと「オビツ11の首上部ワッシャーっぽいところ」を思いっきり上のほうにハマるようにしています。丁稚さんは首短めが好きなのでこうしていますが、きちんと固定できればあとはフィーリングでハメていいと思います。

で、最後に頭のうしろのねじをハメなおして完成!

きちんとお化粧直しするとこんなにかわいくなります! ウイッグは店主から強奪した。まったく反省していない。

リトルプーリップのオビツ11化のメリットとしては、ほかにも、

  • 古い子だと衣装の色移りが発生してどうしようもない。新品同様になってうれしい
  • いろいろな1/12ドールの衣装を着せてあげられる
  • ウイッグも流用できる

というのがあると思います。

うちのヤイコも心なしかうれしそうです。

丁稚さんは肉体労働を受け付けない不治の病なのですが、それでもがんばればなんとかできる範囲でした。興味の出た方はやってみてください。

以上!

「ランディングページ」のススメ

Twitterの連投をまとめるだけでブログ記事を生産する技術に挑戦中の丁稚さんです。
こんにちは。

2017/05/16(火)22:00 から受付の「いちごちゃん(オビツ11)」の通信頒布では、こんな「ランディングページ」を作ってみました。

ランディングページ is 何?

デザイン的には、

  • 楽天の商品ページみたいにやたら長い(が、わかりやすい)
  • 写真が多用されている(イメージが伝わる)
  • 繰り返し「注文」ボタンが出てくる

つくりになっていることが多いです。

ランディングページ制作サービスには、ほかに

  • ペライチ
    純日本産。ただ、どうも利用できるパーツによけいな余白があったりして不安定。画像も5Mバイトまで
  • Instapage
    無料は無料なのだが30日の期間限定

などがあります。

国内のブログサービスは、まだ投稿画像のファイルサイズ制限が多かったりして窮屈なんですよね。写真命のディーラーさんには悲しいと思います。そういうときは通販だけランディングページにしてみる手があるかもしれません。

…ちなみにミラドールの公式サイトが JUGEM のままなのは、丁稚さんが手をこまねいているからです。そういうときもランディングページサービスを使えば、すばやく対応できると。

「ドール関係スポットマップ」のページをつくりました

ブログは一カ月ぶりのごぶさたです。丁稚さんです。

Twitterのほうではちくちく情報をお伝えしていましたが、「ドール関係スポットマップ」のページをつくりました。パソコンでもスマホでも閲覧できる(ようになっているはずな)ので、よろしければご活用ください。

「ドール関係スポットマップ」って?

ドール関係のショップ・イベント会場などの場所を Google Maps でまとめたものです。
「あそこらへんにドール関係のショップなかったっけ?」
「はじめて行くイベント会場の周りをちょっと地図で見たい」
という場合に便利に使えるかもしれません。使えたらいいなあ。

制作の背景・注意点

もともとの情報は はぴ @infinty_shelbia さんがリストアップされ、丁稚さんはそれをコピペしまくるという手抜きで作りました。

なお、

  • 情報はみなさんの自己責任でご活用ください。間違いなどがあっても、はぴさんには一切責任はありません
  • 丁稚さんに情報提供などをしたい場合は @miladoll_decchiまでお願いします。大歓迎です
  • はぴさんのリストと地図の情報は一致しない場合があります。主にディーラー視点で店舗が追加されています

そのほか

丁稚さんもディーラーのはしくれなので、手芸店の情報をちょっと追加しました。
「ユザワヤ」「オカダヤ」ですね。
あと、丁稚さんがゆるがぬ信頼を寄せている(近いから)「手芸センタードリーム」が入ってます。

実は丁稚さん、Google My Map はポケストップの攻略メモくらいにしか使ってなかったので…。
まだ不便なところがあると思います。
もしかしたらそのうちにMaps API使ったサイトに移行するかもしれません。

ではでは~。

ガンダムグシオン用「MSオプションセット3」の斧がオビツ11にベストフィット!

ひさびさにデキのいいアイテムを手に入れて感動した丁稚さんです。
この感動をみなさまにお届けしたい!

この「HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー」のデキがすばらしい!

基本的にオルフェンズに出てくる「ガンダムグシオン」用の武装オプションなんですが。

  • ハルバード(戦斧ですね)
  • モーニングスター付きハルバード
  • チョッパー
  • 雑魚

がついて Amazon 価格 ¥411!

1/144ガンダムはだいたいオビツ11(1/12ドール)にマッチするので、
まあ武具を転用するのにはもともと向いています。

でもこのセットのポイントは…。

なんと、モーニングスターのチェーンがちゃんとチェーンになってる!!

ランナーについている状態ではただのパーツに見えるのですが、外していくと…

アレ??

チェ、チェーンになっただと!!

そしてハルバードに装着するとこう!

そしてこう!

オビツ11のハンドパーツにしっかりくっつくのがおわかりいただけるかと!

モーニングスターチェーンのデキ、サイズ感に、感動せずにはいられませんでしたよ…。

あなたのお宅の1/12ドールの戦闘力を向上させたい方は、すぐさまゲットすべきですね!